リフォームで壁の塗替えや床材の取替の時期

リフォームでは駐車場に屋根をつける

車に乗っていれば雨が降っていても問題ありません。車の中に雨が入ってくることはないからです。ボディーやガラスがきちんと雨を弾いてくれます。自宅に置いておくときは駐車スペースを利用することになります。それぞれの家によってスペースは異なるでしょう。庭のようになっていてそちらに置くこともありますし、家の前に空間を作ってそちらに置いていることもあります。駐車スペースに屋根を設けていることもあればそのまま雨ざらしのこともあります。

基本的には車については雨ざらしだから問題が出るわけではありません。雨をしっかり避けてくれます。しかし、傷みやすいかどうかになると外から降ってくるものを避けたほうがいいです。まずは雨や雪です。水のように見えますが色々な汚れも含まれています。そのためにそれが直接当たれば車を汚すことになります。雨以外には太陽の紫外線があります。これによって塗装に影響が出ることがあります。きれいにしていてもムラが出てくることがあります。

リフォームで駐車スペースに屋根を設置することを考えてみます。一般的には住宅とは別に単独に設置するケースが多いです。片側だけで支えるタイプと両側で支えるタイプがあります。屋根の素材では紫外線をカットするタイプにします。

Copyright (C)2017リフォームで壁の塗替えや床材の取替の時期.All rights reserved.