リフォームで壁の塗替えや床材の取替の時期

リフォームで屋根や雨樋を見る

家において雨から守ってくれるものとして屋根があります。以前は瓦屋根が多用されていましたが今は少なくなっているかもしれません。軽くて上部な素材、雨をしっかりと流してくれる素材などが使われるようになっています。とはいえ日本は比較的雨が多いところです。最近はゲリラ豪雨が降ることもありますし、台風の上陸回数も増えているように思います。少々のことでは問題はないですが、何かあったときに気になることもあるのです。

リフォームをしてもらおうと考えるとき、屋根の状態がどうなっているかです。みてもらうだけでなく、変更をすることも考えてみます。屋根の変更を考えるときに同時にチェックしておくのが雨樋です。住宅によって異なるかもしれませんが、素材としては強いプラスチックのようなものが使われます。当初は弾力性があって強度も高いのですが、長く使うことによって劣化もしてくるところです。そのことからも変更を視野にみてもらうようにします。

雨樋に関しては10年から15年に一度の割合で変更するのが適当と言われます。現在問題がなくてもいずれ劣化して割れたりするものです。割れたりするとそこから詰まったりすることがあるので後々大変になりやすいのです。

Copyright (C)2017リフォームで壁の塗替えや床材の取替の時期.All rights reserved.