リフォームで壁の塗替えや床材の取替の時期

リフォームにおいて屋根の様子をみてもらう

人の頭の上はなかなかわかりにくいです。自分の頭の上も鏡などを利用しないとわからないものです。住宅等であれば、上から見たらどうなっているか知っている人は少ないかもしれません。近くに高いマンションやビルがあればそこから見ることもあります。大体は分かりますが細かい汚れであったり破損を見ることはできません。気になるのであれば実際にみてもらうほうがいいのでしょう。自分で屋根の上に登ったりするのは危険なこともあります。

リフォームをするときに屋根の様子を見てもらったり変更することがあります。最近あるのは太陽光発電装置の設置のために行うものです。最近の住宅の屋根は装置を設置するのを前提にした強度になっていますが、古いものはそうでないためあまり強度がありません。となると普通に設置をすれば抜けてしまうことになります。一旦屋根を取り外し、強度をました上で設置をし、更に装置の設置が必要になります。結構手間がかかる作業になります。

昔ながらの住宅の場合は瓦を使っている事が多いのですが、1枚でもかなり重たいことが分かります。また陶器なので割れやすいこともあります。今の新しいタイプのものを利用することで屋根を軽く出来る場合があります。

Copyright (C)2017リフォームで壁の塗替えや床材の取替の時期.All rights reserved.