リフォームで壁の塗替えや床材の取替の時期

リフォームをして部屋を増やしたい場合

子どもが当初予定していたよりも増えた、親と同居することになった、自分の部屋を持ちたくなったなど住宅を建ててから部屋の事情が変わることがあります。できれば今の住宅の利用方法を変えることで対応したいのですが、人が増えたりするとそれも難しくなります。狭いところに多くの人数で住むようになればストレスも溜まることになるでしょう。そこで建ててから間もない状況ですがリフォームをして部屋を増やしたいと考えています。

可能なのは庭がある場合に庭に部屋を作る方法です。現在ある住宅から庭の方に部屋を増やす形になります。接している部分は一時的に使えなくなることがありますが、基本的には住みながら工事を行ってもらえることが多いです。問題はあまり見た目が良くならないことです。そもそもはその増築部分がない上でバランスが取れるようになっていました。しかし増築部分が増えることで少しいびつになることがあります。屋根や壁の色を統一にすることを忘れないようにします。

平屋を二階にする、一部を解体して増やすようなこともありますが、この辺りになると住みながら業者との相談になるでしょう。工事の危険性もあるので住みながらが難しいこともあります。建築基準法上可能な範囲で行います。

関連サイト情報

Copyright (C)2017リフォームで壁の塗替えや床材の取替の時期.All rights reserved.